ギリシャ、バリに魅せられて

ギリシャとバリの旅行記。音楽の話題も少し。

2006年プーケット旅行 初日 [2006-01プーケット旅行]


 2006年正月にタイのプーケットへ旅行しているので、その時の記録をこのブログにアップしておく。
プーケットにはこの時初めて行ったが、とても魅力的なリゾートだと感じた。ただ、バリと比べるとちょっと物足りないところもあり、その辺のことは当時の旅行記の最後にまとめている。
なお、プーケットは2004年の年末に津波の被害を受けており、それからちょうど1年過ぎた時点での訪問となった。以下、当時書いた旅行記である。
 
 
~はじめに~
正月休みに海外へ出かけるのはこれが初めてとなる。1月8日まで会社が休みという好条件だったので、10月くらいになってから急にどこかへ行ってみようかという話になった。たまにはバリ以外のところということで、津波復興支援も兼ねてプーケットという目的地はすぐに決まったものの、問題はホテル。ネット(HotelTravel)で候補を幾つかあたったが、正月休みということで主なホテルは満室の回答である。以前に比べるとプーケットを訪れる日本人は半分以下とのことらしいが、欧米人は既に戻っているようだし、この時期は乾季でベストシーズンなのだ。何軒目かでようやく取れたのがLayan Beach Resort(ラヤン)というところで、まあ他に選択肢がないだろうとこれで良しとした。

なお、正月のプーケットのホテルはどこもピーク料金で、平常料金と比べると2~3倍はしている。Layanも平常期なら60$程度のホテルだが、今回は167$とのこと。正月に旅行すると高いのは箱根・熱海と同じで仕方ないことだと思うけれども。
 
日程
1月1日(日) 成田 → プーケット (TG、バンコク経由)
  Layan Beach Resort 滞在(5泊)
1月6日(金) プーケット → 成田 (TG、バンコク経由)

 
初日(1月1日) プーケット到着まで
 
Layan(ラヤン) ホテル
 
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/11/06(火) 11:46:04|
  2. 2006年プーケット旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プーケット旅行2日目 [2006-01プーケット旅行]

 
2日目(1月2日)
 

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/11/08(木) 15:27:59|
  2. 2006年プーケット旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プーケット旅行3日目 [2006-01プーケット旅行]

 
3日目(1月3日)

 

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/11/09(金) 11:46:15|
  2. 2006年プーケット旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プーケット旅行4日目 [2006-01プーケット旅行]

 
4日目(1月4日)
 

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/11/12(月) 11:59:46|
  2. 2006年プーケット旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プーケット旅行5日目 [2006-01プーケット旅行]

 
5日目(1月5日)
 

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/11/13(火) 14:23:12|
  2. 2006年プーケット旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プーケット旅行最終日とまとめ [2006-01プーケット旅行]


最終6日目(1月6日)

 
まとめ
1.   食事はプーケットの方が美味しいか。インドネシア料理よりタイ料理の方が口に合うものが多い。それに安心できる(なにせバリでは2回ほどお腹をこわしたから)。
但し、私が過去にバンコクで食べたものと比べると、今回我々が食したのはかなり外国人向けにアレンジされていると思う。拍子抜けするほど辛さが抑えられているのと、タイ料理独特の甘みと酸味もマイルドだった。むしろ、あっさり系の中華料理に近い感じ。だから口に合うし、安心できるとも言えるが、一度はティピカルなタイ料理も食べてみたかった。(マー)

2.   物価はややバリの方が安いと思う。もちろん、どこで食べるか、どこで買うか次第ではあるけれど。タクシーや雑貨はバリの方が安いだろうし、マッサージは同じくらいかな。

3.   ビーチはプーケットの方がいい。バリではあまりレベルの高いビーチは今まで経験していない。

4.   人の数もしつこさもバリの方がすごい。逆にいえば、プーケットの方が落ち着いて気持ちよく過ごせる。レンタカーもプーケットなら借りられたが、バリでは遠慮する。結局、これは物価とも関係するだろうが、タイ(あるいはマレーシア)とインドネシアの国力の差を反映していると思う。
国力の差は確かにあると思うが、バリは地元の人の生活に伝統文化が溶け込んでいるところがなんともいえず惹かれるところだ。どんな高級ホテルでも、一般の民家と同じように毎日朝晩ヒンドゥーのお供え物が置かれるのはなんだかほっとする。また、街に出るときにバティックのサロンを巻いて歩けば周りに溶け込むような感じになるが、プーケットでは地元の人も普通の格好だ。(マー)

5.       ホテルの質は圧倒的にバリだろう。デザインの面だけでなく、設備面でもプーケットはシャワーオンリーのところが多いようだし。(マー)

ということで、プーケットの良さを結構認識したわけだが、でもバリにはかなわないのが伝統芸術(バリダンス)であり、そしてあの独特の雰囲気だ(デンパサールの空港を出た時の匂いや感覚は、プーケットとは明らかに違う)。 バリのリピーターは結局それらにはまって何度も訪れるのだろうと思う。
 でも、プーケットにも多くの魅力があることがよくわかった。高いけれど、来年もできたら正月に来てみたい。今度はパトンかカロンあたりに泊まって、もっと良くこの島を知ってみようと思う。

ある程度予想されたことではあったが、今回はホテル周辺に篭っていてはあまり楽しめない環境だった。もともとなぜかちっとも気が入っていなかったのだが、2日目になってさすがにこのままではせっかく払った飛行機代とホテル代がもったいないと思い、少し気を入れてクルマで行動範囲を広げることにした。それで後半はそこそこ楽しめたが、課題解決型人間の悲しい性で、つい「次回はこうすればよい」と思うところがたくさんできてしまった。ただ、プーケットはビーチもそこそこで食事もおいしく日本人もほとんど見かけないというのに、やはりバリの方に強く惹かれるというのはそれだけすごいDestinationなのだ。来年の冬休みに再挑戦するか、がんばってバリへのフライトを取るかは悩ましいところだ。

 

旅行の会計記録

 

  交通費  198,520円(タイ航空利用)

  宿泊費  101,336円(5泊分、平均20,267円)

  飲食費   23,010円(一日平均3,835円)

  その他   30,665円(レンタカー、マッサージなど)

 

  総額   353,531円 (1バーツ=3円で計算)

 


*****

以上が2006年当時の旅行記だ。結局、我々はその後バリに行き続けて、当分はプーケットに行くことはなさそうだ。プーケットの乾季は11月から3月とのことなので、もう何年かしたら正月を外した時期にのんびりと訪ねてみたいと思う。

 

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/11/14(水) 10:59:22|
  2. 2006年プーケット旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

たーぼ

Author:たーぼ
ギリシャとバリが大好きな夫婦 夫(たーぼ)と妻(マー)です。
旅行記を中心に、音楽の話も少しずつ載せていきます。
下のカテゴリーからクリックすると、旅行記としてまとめて読みやすくなります。
コメント、質問はメールフォームからもお気軽にどうぞ。

カテゴリ

ブログ紹介 (1)
2017-04 バリ旅行 (1)
2016-10 バリ旅行 (21)
 バリ東部 (6)
 ウブド (8)
 サヌール (3)
2016-08 ギリシャ旅行 (22)
 アンドロス島 (5)
 ティノス島 (5)
 シロス島 (4)
 ナクソス島 (4)
2016-07 ギリシャ旅行 (16)
 クレタ島 (12)
2016-04 バリ旅行 (23)
 チャングー (5)
 ウブド (11)
 サヌール (4)
2015-10 バリ旅行 (20)
 サヌール (4)
 チャンディダサ (4)
 ウブド (8)
2015-08 ギリシャ旅行 (20)
 サモス島 (6)
 パトモス島 (5)
 コス島 (4)
2014-10 バリ旅行 (19)
 ジンバラン (3)
 ウブド (9)
 サヌール (3)
2014-08 ギリシャ旅行 (26)
 セリフォス島 (4)
 シフノス島 (4)
 ミロス島 (7)
 ナクソス島 (4)
2014-07 ギリシャ旅行 (18)
 スキアソス島 (4)
 スコペロス島 (5)
 ミコノス島 (4)
2014-04 バリ旅行 (21)
 サヌール (5)
 ウブド (9)
 ブノア (2)
2014-01 バリ旅行 (15)
 サヌール (4)
 ウブド (7)
2013-08 ギリシャ旅行 (28)
 出発~ナクソス島 (4)
 フォレガンドロス島 (7)
 イオス島 (6)
 サントリーニ島~帰国 (5)
2013-05 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2013-01 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2012-08 ギリシャ旅行 (18)
 概要 (5)
 ロドス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 サントリーニ島 (4)
2012-05 バリ旅行 (7)
2012-01 バリ旅行 (9)
 ウブド (5)
 サヌール (2)
2011-08 ギリシャ旅行 (15)
 レフカダ島 (9)
 ナクソス島 (4)
2010-08 ギリシャ旅行 (14)
 スコペロス島 (7)
 ナクソス島 (2)
 サントリーニ島 (3)
2010-05 バリ旅行 (10)
 ウブド (5)
 サヌール (3)
2009-08 ギリシャ旅行 (17)
 ミラノ (1)
 ミコノス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 パロス島 (5)
2007年以前のギリシャ旅行 (14)
 旅行記録 (1)
 ナクソス島(2007年) (1)
 イカリア島(2006年) (1)
 ケファロニア島(2005年) (1)
 ヒオス島(2004年) (1)
 ミロス島(2003年) (1)
 サモス島(2001年) (1)
 ロドス島、コス島、クレタ島、レスボス島 (3)
 サントリーニ島(2000年以前) (1)
 ミコノス島(1997年~2007年) (3)
2010年以前のバリ旅行 (3)
ギリシャ・バリ全般 (11)
2006年プーケット旅行 (6)
2003年コタキナバル旅行 (9)
その他海外旅行 (2)
旅行の準備 (1)
国内旅行 (40)
散策/飲食 (16)
料理 (3)
音楽 (13)
 フォーク/Jポップ系 (5)
 ロック/ポップス系 (5)
 フュージョン他 (3)
その他 (3)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲスト