ギリシャ、バリに魅せられて

ギリシャとバリの旅行記。音楽の話題も少し。

旅行費用の推移(4) バリ 物価の推移

 
バリの物価についても、我々の会計記録をもとにその変化をまとめてみた。
まずは継続して利用してきた例として、ウブドのレストラン、ノマドの夕食代の変化をグラフにしてみた。その時によって食べるものも違うし、飲み物の種類によって金額は大きく変わるが、前半の5回(2004年~2009年)と後半の5回(2010年以降)で比較すると、ルピアでも円でも5割くらいは上がったという見方だろうか。

バリ ノマド夕食代
ノマドレストランの夕食代

 
次に、ギリシャと同様に、滞在中の夕食代を平均してグラフにしてみた。こちらもギリシャと同じく、思ったよりは変動が少ない感じだが、それでも2010年以降はルピアベースで2~3割ほど上がっているように思う。ただ、円ベースでは為替の影響であまり差がない。

バリ 夕食代
バリ旅行 夕食代の平均

 
バリの物価について言えば、ホテルの値段は明らかに上がったところが多い。我々の例では、ウブドのカジャネムアホテルは、最初に泊まった2005年が135$、翌2006年には160$になり、2009年には220$まで上がった。サヌールのエローラヴィラも2007年は140$、それが2009年には180$になった。最近ではホテル価格は落ち着いているように思うけれども、ドル建てのホテルはやはりこの10年を見ると数割上がっているところが多いのではないか。
 
また、ウブドの踊りのチケットはかつて一律5万ルピアだったのに、最近は8万~10万ルピアになっている。一方、マッサージ料金に関しては、値上がりしているところもあるけれど、競争の激しさゆえか、昔と同じく1時間5万~6万ルピアで頑張っているところも多い。
 
というわけで、バリの物価に関しては全体的には上昇傾向、ただし最近は落ち着いている感じ。選択肢が増えているので、ホテルでも食事でも娯楽でも、工夫をすれば実質的な値上がりは抑えられると思う。なお、夕食に関して言えば、ギリシャが平均して4,000円だったから、バリはそれより3割ほど安くあげられることになる。
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2013/02/07(木) 16:31:29|
  2. ギリシャ・バリ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行費用の推移(3) ギリシャ 物価の推移

 
では、記録に基づいてギリシャの物価がどのように変わったかを調べてみたい。
何年かにわたって継続して利用してきたものが、ミコノス島スーパーパラダイスビーチのパラソル&チェアなので、この値段をグラフにしてみた。
 
ギリシャ パラソル代 
スーパーパラダイスビーチのパラソル代


ギリシャは2002年からユーロ圏となり、その時点ではドラクマ時代とあまり変わりない価格だったが、その後は大きく上がり5年後の2007年には2倍(6ユーロ → 12ユーロ)となった。この頃はユーロ高だったので、円換算では昔の4倍近くにまで上がったことになる。残念ながら2009年以降はミコノス島へ行っていないので現在の価格がわからないけれども、少なくとも値下がりしていることはなさそうだ。
 
もう一つの指標として、食事代を調べてみた。こちらは継続して行っている店が少ないので、一回の旅行中の夕食代を平均してグラフ化してみよう。
 
ギリシャ 夕食代 
ギリシャ旅行 夕食代の平均


このグラフを見てちょっと驚いたことは、思ったよりも変動が少ないこと。ユーロでの値段を見ると、この10年間は40ユーロ前後であまり差がない。円ベースでの値段は最近下がっているけれども、これはユーロ安の恩恵によるものだ。
毎年1~2回は多少豪華な(60ユーロ以上の)食事をするが、10回くらいの夕食を平均すると、年ごとの差は大きくないということだろう。また、ミコノス島やサントリーニ島は他の島より2~3割は物価が高いと思うけれど、こうして平均してみるとあまり差は現れないようだ。もっとも、我々が高級な店にはほとんど行かないことの方が大きな理由かもしれないが。
 
まあ結論としては、ギリシャの物価はユーロ導入直後に大きく上がったが、最近は落ち着いていて円・ユーロ為替の影響の方が大きいこと、食事(二人分の夕食)は平均して4,000円くらいかかること、だろうか。
 
 
関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2013/02/06(水) 11:24:57|
  2. ギリシャ・バリ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行費用の推移(2) バリ旅行の総費用

 
続いて、バリ旅行に関しても会計記録のある2002年以降を対象にまとめてみた。こちらも同様の項目で分類した。
 交通費 ・・ 往復の航空券、フェリー、ビザ・出国税
 宿泊費 ・・ 現地でのホテル代
 その他 ・・ 食事、娯楽、レンタルバイクなど現地での生活費
 
バリもマイレージ特典を3回利用したが、それを除くと総費用は30万~50万円となっている。
 
バリ総費用
 注)GA:ガルーダインドネシア MH:マレーシア JL:日本航空 NW:ノースウェスト(デルタ)
   SQ:シンガポール KE:大韓航空 特:マイレージ特典旅行
バリ旅行の総費用


ここでも大きな比重を占めるのは交通費だが、我々の場合バリに行くのは5月GW連休か正月連休に限られている。だから、飛行機代はどうしても高くなってしまい、ひとり10万円を超えてしまうことがほとんどだ。さらに、この時期はそもそも予約を取るのが困難だから、どの時期に売り出すか(予約できるか)が航空会社選択の決め手になることも多い。マイレージの貯まり方、フライト時間、サービスといった大事な要素もあるのに、幾つかの航空会社を使っている(使わざるを得ない)のは、そうした理由もある。
いずれ近いうちにマーも自由な立場になったら、もっと安い時期にのんびりと3週間くらいバリに滞在することを楽しみにしたい。
 
宿泊費に関しては結構ばらつきがあるが、全般的には低くなっている傾向にある。以前は200$を超えるホテル(ジャマハール、ガンサ、カジャネムアなど)も利用していたけれど、最近はウブドのチェンダナ(90$程度)が定宿になり、サヌールでも安めのホテルを選ぶようになった。
その他生活費に関しては、別途分析してみようと思うが、全体的にはあまり大きな増減はない。
 
バリ旅行はGW、正月という制約から最長でも9日間、平均的には7日間程度の滞在だ。旅行費用30万円~50万円を単純計算すると一日あたり4万円~7万円かかっていることになり、結果的にはギリシャ旅行の場合と大差ない。いずれ安い時期に長く滞在できるようになれば、この数字は大きく下がると思う。
 
 
関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2013/02/05(火) 14:08:12|
  2. ギリシャ・バリ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行費用の推移(1) ギリシャ旅行の総費用

 
これまでのギリシャ旅行、バリ旅行では、毎日使った金額を記録してきた。このデータベースをもとに、旅行の費用がどのように変わってきたかを見てみたいと思う。
まずは総費用だが、大きく3項目に分類してグラフにしてみた。
 交通費 ・・ 往復の航空券、フェリー、ビザ・出国税
 宿泊費 ・・ 現地でのホテル代
 その他 ・・ 食事、娯楽、レンタルバイクなど現地での生活費
  なお、成田空港までの交通費は含めていない(なぜか最初からそうしたため)。また、土産物代(我々の場合はかなり少額)も含めていない。
 
で、ギリシャ旅行の費用は以下のグラフのようになる(2003年だけは記録を紛失したため載せていない)。マイレージの特典旅行を3回利用しているが、それ以外は60万円~90万円となっている。
 
ギリシャ総費用        
  
注)KL:KLM  AF:エールフランス SU:アエロフロート 特:マイレージ特典旅行  
ギリシャ旅行の総費用
 
もちろん、一番大きな比重を占めるのは交通費で、特に1995年から2006年までは50万円以上の負担だ。当時はKLMとエールフランスを利用していたが、アテネまでの往復チケットがひとり20万円を優に超す価格だったので、ギリシャでの移動費用も含めると50万円以上は必然の費用だった。最近はアエロフロート航空を使うことで、現地分を入れても30万円台で収まるようになっている。

宿泊費、その他生活費に関しては、それほど大きな増減はないように思うが、一つ大きな要因はユーロ高の影響だった。2002年にドラクマからユーロへ移行して以来、ギリシャの物価は大きく上がったが、さらに2005~2007年頃は1ユーロ=150~170円という相場で、旅行費用へのインパクトが大きかった。

ギリシャ旅行はおおよそ2週間だから、旅行費用60万円~90万円を単純計算すると一日あたり4万円~6万円かかっていることになる。夏のベストシーズンにエーゲ海のビーチを楽しむ目的からすれば、そう極端には高くないとも思うけれどもいかがだろうか。
 
関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2013/02/04(月) 13:34:05|
  2. ギリシャ・バリ全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

たーぼ

Author:たーぼ
ギリシャとバリが大好きな夫婦 夫(たーぼ)と妻(マー)です。
旅行記を中心に、音楽の話も少しずつ載せていきます。
下のカテゴリーからクリックすると、旅行記としてまとめて読みやすくなります。
コメント、質問はメールフォームからもお気軽にどうぞ。

カテゴリ

ブログ紹介 (1)
2017-04 バリ旅行 (19)
 ヌサドゥア (3)
 ウブド (10)
 サヌール (3)
2016-10 バリ旅行 (21)
 バリ東部 (6)
 ウブド (8)
 サヌール (3)
2016-08 ギリシャ旅行 (22)
 アンドロス島 (5)
 ティノス島 (5)
 シロス島 (4)
 ナクソス島 (4)
2016-07 ギリシャ旅行 (16)
 クレタ島 (12)
2016-04 バリ旅行 (23)
 チャングー (5)
 ウブド (11)
 サヌール (4)
2015-10 バリ旅行 (20)
 サヌール (4)
 チャンディダサ (4)
 ウブド (8)
2015-08 ギリシャ旅行 (20)
 サモス島 (6)
 パトモス島 (5)
 コス島 (4)
2014-10 バリ旅行 (19)
 ジンバラン (3)
 ウブド (9)
 サヌール (3)
2014-08 ギリシャ旅行 (26)
 セリフォス島 (4)
 シフノス島 (4)
 ミロス島 (7)
 ナクソス島 (4)
2014-07 ギリシャ旅行 (18)
 スキアソス島 (4)
 スコペロス島 (5)
 ミコノス島 (4)
2014-04 バリ旅行 (21)
 サヌール (5)
 ウブド (9)
 ブノア (2)
2014-01 バリ旅行 (15)
 サヌール (4)
 ウブド (7)
2013-08 ギリシャ旅行 (28)
 出発~ナクソス島 (4)
 フォレガンドロス島 (7)
 イオス島 (6)
 サントリーニ島~帰国 (5)
2013-05 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2013-01 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2012-08 ギリシャ旅行 (18)
 概要 (5)
 ロドス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 サントリーニ島 (4)
2012-05 バリ旅行 (7)
2012-01 バリ旅行 (9)
 ウブド (5)
 サヌール (2)
2011-08 ギリシャ旅行 (15)
 レフカダ島 (9)
 ナクソス島 (4)
2010-08 ギリシャ旅行 (14)
 スコペロス島 (7)
 ナクソス島 (2)
 サントリーニ島 (3)
2010-05 バリ旅行 (10)
 ウブド (5)
 サヌール (3)
2009-08 ギリシャ旅行 (17)
 ミラノ (1)
 ミコノス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 パロス島 (5)
2007年以前のギリシャ旅行 (14)
 旅行記録 (1)
 ナクソス島(2007年) (1)
 イカリア島(2006年) (1)
 ケファロニア島(2005年) (1)
 ヒオス島(2004年) (1)
 ミロス島(2003年) (1)
 サモス島(2001年) (1)
 ロドス島、コス島、クレタ島、レスボス島 (3)
 サントリーニ島(2000年以前) (1)
 ミコノス島(1997年~2007年) (3)
2010年以前のバリ旅行 (3)
ギリシャ・バリ全般 (11)
2006年プーケット旅行 (6)
2003年コタキナバル旅行 (9)
その他海外旅行 (2)
旅行の準備 (1)
国内旅行 (42)
散策/飲食 (16)
料理 (3)
音楽 (13)
 フォーク/Jポップ系 (5)
 ロック/ポップス系 (5)
 フュージョン他 (3)
その他 (3)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲスト