ギリシャ、バリに魅せられて

ギリシャとバリの旅行記。音楽の話題も少し。

甲府富士屋ホテル


 野の花山荘に感動した翌日は、木曾の寝覚ノ床、妻籠宿を見た後、甲府富士屋ホテルにもう一泊した。奥飛騨温泉郷から横浜まで、一日で十分に帰れる距離だが、ゆったりした日程をということで選んだのがこのホテルだった。

 甲府市の中心からも近い湯村温泉にあり、箱根にある富士屋ホテルのチェーンホテルになっている。ここを選んだのは、マーが温泉宿情報誌「ゆこゆこ」をじっくりと吟味した結果である。

 14階建ての立派な外観、重厚な雰囲気のロビー、チェックインの際のスタッフの対応など、さすが富士屋ホテルという感を抱かせてくれた。部屋は9階の角部屋、50平方メートルのツインルームで、広さ、眺望、設備、すべて申し分ない。ちなみに、これも「ゆこゆこ」の平日限定でアップグレードされたものだ。

 部屋の広さ、デスクでネットが使えることはもちろんだけれど、バスルームの手前に小さな部屋があって、明るい照明の化粧コーナーがあり女性にはとてもうれしい。(マー)

甲府富士屋ホテル 部屋
甲府富士屋ホテルのツインルーム、角部屋からの眺望が見事

 夕食は鉄板焼を選択。ちなみに、このホテルではバイキング、日本料理、中国料理、鉄板焼から選べるようになっているが、ホテル直接の予約ではそれぞれで値段が異なる。当然、鉄板焼や日本料理は高くなるが、「ゆこゆこ」の予約の場合、なぜかどれも同じ値段だ。

 火曜日20時からの鉄板焼は、我々だけで他に客はいなかった。とはいえ、担当のシェフは一品ずつきちんとした仕事で楽しませてくれた。

鉄板焼きカウンター

甲府の夜景を望む鉄板焼カウンター

冷製前菜  温製前菜

冷製前菜と温製前菜

シーフードと野菜

シーフード(金目鯛)と野菜

シェフの仕事

シェフの丁寧な仕事

メインのステーキ

メインのステーキ、ソースは3種類

 ステーキはもちろん、前日の野の浜山荘で出された飛騨牛には及ばないが、どの一皿もプロらしい工夫がされていて、一流ホテルでの夕食をいただいているという実感が味わえた。グラスワインは1000円前後とちょっと高め(甲州ワインのメルロは美味だった)、またガーリック炒飯に変更が+900円は高いと思ったが、このあたりは仕方ないところか。

 ホテルの風呂(温泉)は広いけれどさしたる特徴なし、また朝食バイキングもごく普通の内容だった。

 お風呂は遅めの時間に入ったのでほとんど他のお客さんがいなくて独占状態。露天風呂もあってゆっくりできたのだが、前日の奥飛騨温泉と比べるとお湯の質がかなり違い、さらっとしていて普通のお湯のようだった。奥飛騨温泉のお湯はもう少しトロっとした感じで、お肌にもよさそうな気がした。2日続けて別の温泉に入ると、さすがに違いもよくわかる。(マー)

 結局、このホテルはそれなりの満足感が得られるところだが、一番すごいと思ったのは「ゆこゆこ」の価格設定だ。平日限定、鉄板焼ディナー選択でも、部屋のグレードアップ付きでひとり10,800円はかなりお得。鉄板焼のメニュー構成は多少変えているだろうけれども、ホテル直接予約(あるいは他の旅行ネット予約)なら15,000円以上するのだから。我々もようやくこうした平日限定お得企画を楽しめるようになったということだろうか。

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/30(金) 11:11:09|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野の花山荘(新穂高温泉)に感動

 

 立山黒部アルペンルートを訪れた翌日、奥飛騨温泉郷の中の新穂高温泉にある「野の花山荘」に泊まった。松本から北アルプス(安房トンネル)を抜けて、2時間ほどで行くことができる。

 この宿を知ったのは今年の初めころのテレビ放送だった。「今、日本人が一番行きたい1万円台の温泉宿ベスト10」という特集があり、旅の達人が推薦した温泉宿がランキング形式で紹介されていた。確か第1位に輝いたのは鹿児島県指宿温泉の宿だったが、我々が一番興味を抱き、ここは一度行ってみなければと思ったのは第4位の野の花山荘だった。何に惹かれたかというと、一つは北アルプスの大自然の中の一軒宿で露天風呂の雰囲気が良さそうなこと、もう一つはオープンキッチン形式で供される食事がとても美味しそうだったこと、である。正直、他の宿はランキング上位のところを含めて、あまり記憶に残っていない。

場所、料金

温泉

食事

 野の花山荘は、おとなが自然に癒され、温泉と食事を楽しんで、ゆったりと泊まる宿。それを望む人ならば、これほど満足度が高いところもそうはないと思う。このブログを読んで下さる方は少ないだろうが、それでもできれば秘密にしておきたいような宿だ。でも、実際には人気沸騰で、我々が泊まった日も月曜日ながら満室だったし、予約申し込みはかなり多いようだ。いまどき、ネット予約は無し、電話かファックスでの予約のみというのも珍しい(それも食事時間はお客対応のため電話にも出れないようだ)。

 冒頭に紹介したテレビ番組のランキングだけではなく、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館」の選考審査委員特別賞「日本の小宿2014」にも選ばれている。我々もまた近いうちに(予約が取れたら)、是非再訪してみたい。

野の花山荘の看板犬

入り口にいる看板犬の太陽(黒柴、男の子)、こころ(柴、女の子)

(この2匹がいるのも我々が高評価する理由の一つ)



 

関連記事

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/27(火) 08:52:09|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山黒部アルペンルートの絶景


 5月18日(日)、立山黒部ルートを訪れた。前日に高校時代の有志と毎年恒例の同窓会があり、大町温泉郷に泊まったので、翌日に行ってみることにしたのである。

 大町(長野県側)からは扇沢までクルマで行き、そこからトロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバスと乗り継いで、室堂(大谷、富山県側)まで行くことができる。室堂の標高は2450mで、日本屈指の観光山岳ルートである。

 この日は好天に恵まれ、途中の各ポイントで北アルプスの絶景を楽しむことができた。長野県側、富山県側それぞれから大勢の観光客が登ってきて結構な人出だったが、夏の最盛期にはもっと大変な混雑になるのだろう。

黒部ダムを望む   

展望台から見る黒部ダム、水の色が素晴らしい

北アルプス

標高2300mから見る北アルプス

満員のケーブルカー

満員のケーブルカー

雪のトンネル

室堂(大谷)の雪のトンネル

黒部ダムカレー

名物の黒部ダムラーメンと黒部ダムカレー

 

このルートを個人で行くと、往復で9050円と結構な値段になるが、やはり一度は行ってみる価値が十分ある絶景だと思う。

 

 なお、翌日に木曾の寝覚ノ床、妻籠宿にも寄ってみたので、その時の写真も載せておく。

寝覚ノ床

木曾の名勝、寝覚ノ床

妻籠宿

江戸時代の趣が残る妻籠宿

 



関連記事

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/25(日) 11:26:50|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まとめと会計記録 [2014-04バリ旅行]


まとめと会計記録

 二人ともリタイアした後の初めての旅行、そしてバリに2週間行くのも初めてとなった今回の旅行だが、ほとんどトラブルがなく、極めて満足度が高いものとなった。ホテルを4カ所選ぶということもバリではもうないかもしれないが、それぞれの魅力を味わえたし、食事もマッサージも当たりが多かった。

 まとめとして、これまでの旅行記では断片的なコメントのみだったマーに、幾つかの観点から感想を書いてもらった。

 

 

最後に、会計記録をまとめておく。2週間の旅行としては予想より安かったように思う。ニケヴィラが会員価格だったことを含めて、ホテル代を抑えられたことが大きかったかもしれない。

次回は今年の秋になるかと思うが、またマーが綿密な検討を始めることと思う。

 

 

会計記録

  交通費  175,900円 (ガルーダインドネシア航空)

  宿泊費  113,570円 (13泊分、平均8,736円)

  飲食費   46,439円 (一日平均3,317円)

  娯楽費   14,204円 (マッサージ、踊り)

  その他    8,207円 (バイク、チップなど)

  総計   358,320円 (1万ルピア=88円)

 

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/16(金) 09:29:16|
  2. 2014-04 バリ旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本帰国まで(ガルーダインドネシア航空) [2014-04バリ旅行]

 

日本帰国まで(ガルーダインドネシア航空)

 

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/16(金) 09:23:58|
  2. 2014-04 バリ旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブノアの食事、マッサージ [2014-04バリ旅行]

 

ブノアの食事、マッサージ

 

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/15(木) 17:15:41|
  2.  ブノア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブノアのホテル(グランドミラージュ) [2014-04バリ旅行]

 

ブノアのホテル(グランドミラージュ)

 

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/14(水) 15:39:51|
  2.  ブノア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウブドのマッサージ [2014-04バリ旅行]

 

ウブドのマッサージ

さて、ウブド篇の締めくくりは町スパマッサージである。一日一マッサージを欠かさないようにしている僕であるが(マーはその半分くらいの頻度)、新しい町スパも開拓しなくてはと思いつつも、定番のところで至福の時間を楽しむことが多い。今回もそのパターンだが、衝撃的な体験もしたので、そのことは詳細に書いておこうと思う。

 


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/13(火) 09:35:21|
  2.  ウブド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ウブドの暮らし(バイク、散策など) [2014-04バリ旅行]

 

ウブドの暮らし(バイク、散策など)

 

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/12(月) 12:42:41|
  2.  ウブド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウブドの踊り [2014-04バリ旅行]

 

ウブドの踊り

 


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/12(月) 12:35:04|
  2.  ウブド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウブドの食事(4)夕食編その2 [2014-04バリ旅行]

 

ウブドの食事(4)夕食編その2

残り3回の夕食はウブド郊外の3軒。ホテルの場所によっては歩いて行くことも可能なところだ。
 

 


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/11(日) 10:30:13|
  2.  ウブド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウブドの食事(3)夕食編その1 [2014-04バリ旅行]

 

ウブドの食事(3)夕食編その1

 

続いて、ウブドの夕食7回のうち、ウブド中心部の4軒について書く。

 

 


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/10(土) 10:24:29|
  2.  ウブド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウブドの食事(2)昼食編その2 [2014-04バリ旅行]

 

ウブドの食事(2)昼食編その2

続いて、ウブド郊外にある店の昼食を紹介する。歩いて行ける店もあるが、ちょっと遠い感じになる。

 

 


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/09(金) 09:00:41|
  2.  ウブド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウブドの食事(1)昼食編その1 [2014-04バリ旅行]

 

ウブドの食事(1)昼食編その1

ウブドに滞在した7日間で昼食6回、夕食7回、すべて異なる店に行ってみた。これらの店はほとんど(多分カフェ・デ・アーティストを除いて)、ランチでもディナーでも楽しめる。ただし、ウブドの場合は足(ホテルの送迎、白タク、バイク)がないと行きづらいところもあるので、以下大まかにウブド中心部、ウブド郊外と分けて紹介していこうと思う。まずは昼食で行った店のうち、ウブド中心部から。

 

 


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/08(木) 10:38:25|
  2.  ウブド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウブドのホテル(2)チェンダナリゾート [2014-04バリ旅行]

 

ウブドのホテル(2) (チェンダナリゾート)

 


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/07(水) 09:06:23|
  2.  ウブド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウブドのホテル(1)プリブンガ [2014-04バリ旅行]

 

ウブドのホテル(1) (プリブンガ)

 


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/06(火) 11:01:08|
  2.  ウブド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サヌールの暮らし、マッサージ [2014-04バリ旅行]

 

サヌールの暮らし、マッサージ

 


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/05(月) 11:51:39|
  2.  サヌール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サヌールの食事(3)夕食編その2 [2014-04バリ旅行]

 

サヌールの食事(3)夕食編その2

続いて、ややハイクラスながらも我々のお気に入りの店2軒を。

 

 

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/04(日) 11:13:56|
  2.  サヌール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サヌールの食事(2)夕食編その1 [2014-04バリ旅行]

 

サヌールの食事(2)夕食編その1

続いて、夕食を2回に分けて書いていく。最初はカジュアルなところ2軒から。

 

 


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/03(土) 11:06:24|
  2.  サヌール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サヌールの食事(1)昼食編 [2014-04バリ旅行]

 

サヌールの食事(1)昼食編

サヌールは古くからあるリゾート地で、長期滞在の欧米人が多いところだ。そのためか、レストランの数は多いものの、スタイリッシュで高級な店はごく少数だし、かといってローカル向けのワルンもあまり見かけない。要するに、実質的な内容でリーズナブルな価格のところが多く、そうでないとシビアな選択眼を持った彼らを相手に生き残れないということだと思う。

サヌール4泊の間、我々は今回もリピート店主体に楽しんだが、その内容を紹介していきたい。まずは昼食3回から。

 


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/02(金) 11:17:18|
  2.  サヌール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サヌールのホテル(ニケヴィラ) [2014-04バリ旅行]

 
サヌールのホテル(ニケヴィラ)
 

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/05/01(木) 13:27:33|
  2.  サヌール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

たーぼ

Author:たーぼ
ギリシャとバリが大好きな夫婦 夫(たーぼ)と妻(マー)です。
旅行記を中心に、音楽の話も少しずつ載せていきます。
下のカテゴリーからクリックすると、旅行記としてまとめて読みやすくなります。
コメント、質問はメールフォームからもお気軽にどうぞ。

カテゴリ

ブログ紹介 (1)
2017-04 バリ旅行 (19)
 ヌサドゥア (3)
 ウブド (10)
 サヌール (3)
2016-10 バリ旅行 (21)
 バリ東部 (6)
 ウブド (8)
 サヌール (3)
2016-08 ギリシャ旅行 (22)
 アンドロス島 (5)
 ティノス島 (5)
 シロス島 (4)
 ナクソス島 (4)
2016-07 ギリシャ旅行 (16)
 クレタ島 (12)
2016-04 バリ旅行 (23)
 チャングー (5)
 ウブド (11)
 サヌール (4)
2015-10 バリ旅行 (20)
 サヌール (4)
 チャンディダサ (4)
 ウブド (8)
2015-08 ギリシャ旅行 (20)
 サモス島 (6)
 パトモス島 (5)
 コス島 (4)
2014-10 バリ旅行 (19)
 ジンバラン (3)
 ウブド (9)
 サヌール (3)
2014-08 ギリシャ旅行 (26)
 セリフォス島 (4)
 シフノス島 (4)
 ミロス島 (7)
 ナクソス島 (4)
2014-07 ギリシャ旅行 (18)
 スキアソス島 (4)
 スコペロス島 (5)
 ミコノス島 (4)
2014-04 バリ旅行 (21)
 サヌール (5)
 ウブド (9)
 ブノア (2)
2014-01 バリ旅行 (15)
 サヌール (4)
 ウブド (7)
2013-08 ギリシャ旅行 (28)
 出発~ナクソス島 (4)
 フォレガンドロス島 (7)
 イオス島 (6)
 サントリーニ島~帰国 (5)
2013-05 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2013-01 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2012-08 ギリシャ旅行 (18)
 概要 (5)
 ロドス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 サントリーニ島 (4)
2012-05 バリ旅行 (7)
2012-01 バリ旅行 (9)
 ウブド (5)
 サヌール (2)
2011-08 ギリシャ旅行 (15)
 レフカダ島 (9)
 ナクソス島 (4)
2010-08 ギリシャ旅行 (14)
 スコペロス島 (7)
 ナクソス島 (2)
 サントリーニ島 (3)
2010-05 バリ旅行 (10)
 ウブド (5)
 サヌール (3)
2009-08 ギリシャ旅行 (17)
 ミラノ (1)
 ミコノス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 パロス島 (5)
2007年以前のギリシャ旅行 (14)
 旅行記録 (1)
 ナクソス島(2007年) (1)
 イカリア島(2006年) (1)
 ケファロニア島(2005年) (1)
 ヒオス島(2004年) (1)
 ミロス島(2003年) (1)
 サモス島(2001年) (1)
 ロドス島、コス島、クレタ島、レスボス島 (3)
 サントリーニ島(2000年以前) (1)
 ミコノス島(1997年~2007年) (3)
2010年以前のバリ旅行 (3)
ギリシャ・バリ全般 (11)
2006年プーケット旅行 (6)
2003年コタキナバル旅行 (9)
その他海外旅行 (2)
旅行の準備 (1)
国内旅行 (42)
散策/飲食 (16)
料理 (3)
音楽 (13)
 フォーク/Jポップ系 (5)
 ロック/ポップス系 (5)
 フュージョン他 (3)
その他 (3)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲスト