ギリシャ、バリに魅せられて

ギリシャとバリの旅行記。音楽の話題も少し。

2014-08ギリシャ旅行 出発前に

 

 間もなく今年2回目のギリシャ旅行に出発する。再びエーゲ海のビーチでくつろぐ生活ができるとは何とも贅沢なことだが、我々らしい旅行を楽しんできたいと思う。

第2回ギリシャ旅行行先(8月下旬から9月上旬)

  セリフォス島 3泊

  シフノス島  3泊

  ミロス島   6泊

  ナクソス島  4泊

 キクラデス諸島の西側を中心とした日程だが、セリフォス島、シフノス島は初めての場所なので、どのような雰囲気を感じるかが楽しみ。ミロス島は11年ぶりになるが、前回その素晴らしさに感激した南側のビーチについて、その後レベルの高いビーチを幾つか経験した我々がどう感じるのか、これまた楽しみなところだ。ナクソス島は今や我々のホームタウンなので、今年の最後をここで過ごすのは必然なのかもしれない。

 前回の荷造りとほとんど同じだし、特に下調べもいらないので、準備段階としてはとても楽なのだが、ここにきて一つだけ心配なことが起きた。ブログ読者のseissonさんから情報をいただいたのだが、今回利用するアエロフロート航空の乗継(帰りのアテネ→モスクワ→成田)ができないかもしれないとのこと。seissonさんは出発時の空港カウンターで乗継不可を告げられ、結果的に日程を一日延ばしてモスクワ空港での長時間待ちを余儀なくされたようだ。この原因は言うまでもなく、ウクライナ情勢によるフライト時間の変更のため。

 この情報を受けて、僕はすぐにアエロフロート航空にメールで問い合わせたのだが、回答は「現時点では当初予定どおりのフライト時間で乗継可」というものだった。とはいえ、行きのアテネ行フライトはフライト時間が30分以上延びてその分到着時間が遅れており、その連絡も来てない状況で、かつウクライナ情勢が急速に好転するはとても思えないので、この回答は信用できない。日程が一日延びたところで特に困らないのだけれども、入国もできない状況で長時間の空港待機はできれば避けたいところだ。

 ネットで飛行機の運行状況を調べると、モスクワ-アテネ間はまさにウクライナ上空を飛ぶルートで、今やこの領域を飛ぶ飛行機はほとんどない(迂回している)ことがわかる。

アテネモスクワ フライト状況

ヨーロッパでの飛行機運行状況(2014820日、アテネ時間朝10時現在)

出典:www.flightradar24.com

黒線がモスクワ-アテネの直線、赤枠がウクライナ(右側の紛争区域には飛行機が飛んでいない)

結局、出発時のカウンターでどうなるのか、そして実際に帰国時のフライトが乗り継げるのか、その場になってみないとわからなさそうだが、これまた旅のハプニングの一つとして考えるようにしたいと思う。

それでも、心の準備と、状況に応じて対策を検討しておくことはできたので、事前に情報をいただいたseissonさんには感謝!(マー)

 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/20(水) 16:34:15|
  2. 2014-08 ギリシャ旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<スタートは受難続き [2014-08ギリシャ旅行] | ホーム | 2014年7月ギリシャ旅行のまとめ>>

コメント

気をつけていってらっしゃい

情報が少しでもお役に立ててなによりです。
前回のコメント以降、モスクワの空港で実際に15時間弱待機した経験からさらに情報を少し。
入国もできない状況で長時間の空港待機はホント避けたいですよね。さいしょ15時間弱空港で待機を知ったときホントげんなりしました。モスクワの空港は物価高いし。クレジットの日本円の請求で確認したところ、カフェのコーヒー2杯で1424円、バーガーキングでセットのハンバーガー1つと単品のハンバーガー1つで2607円でした。高っ!
でも、気持ちを切り換えて、ゆっくり空港で寛いでやるという気持ちで臨めば、意外と乗り越えられるものだな、というのが感想です。
アテネ発のモスクワ着がFターミナルでモスクワ発の成田行きのターミナルがD。Dターミナルの手前にパンチカーペットが敷き詰められた広いオープンスペースがあるので、そこを陣取ってゆっくり寛いでやろうと決意(実際、そこで時間を過ごす旅行者は多いですがさすがに10時間越えは少数)。ゆっくり寛ぐためには飲み物(?)が必要なのでそれはアテネの免税店で用意。ただ、機内持ち込みに刃物類は持ち込めない、よってコルクスクリューは持ち込めないのでスクリューキャップのものに限定されるので選択肢は狭まる。結局選んだスクリューキャップのものは甘口のやつでした。飲み物に関してはモスクワの免税店でもそこそこの値段で甘口ではないスクリューキャップのものが買えることが分かりました。
飲み物を楽しみながら横になって寛げば意外と早く時は過ぎます。ただより快適に過ごすならアメニティグッズは必要。私たちは空港で手に入れたフリーペーパーを敷物にして横になっていましたが、周りを見回すと、機内から持ち出したブランケットとピローを活用している(それだめでしょ?)ひとがいました。いずれにせよ事前の準備でより快適に過ごせるのではないでしょうか。
以上あまり参考にならないかもしれない情報でした。
  1. URL |
  2. 2014/08/21(木) 23:35:59 |
  3. seisson #-
  4. [ 編集 ]

Re: 気をつけていってらっしゃい

seissonさん、追加情報ありがとうございます。モスクワ空港長時間待機の状況がよくわかり、大変参考になりました。

我々のフライトも、アエロフロート航空HPの予約状況で調べると、ついに乗継不可となりました。
再度メールで問い合わせを出したのですが、2日たっても返事なしです。そもそも、seissonさんの情報がなければ、そして我々がそれをもとに調べなければ、乗継不可は知らされないまま出発当日ということになります。これはあまりにひどいですよね。LCC(前回我々が利用したブルーパノラマ航空)だって、時間変更があればメール連絡が来て、それでOKか全額払い戻しかを確認してくれました。それが普通の対応だと思うのですが。

まあ、出発当日のカウンターでどのような対応がなされるのか、そして実際に帰国便乗継はどうなるのか、半分あきれつつ、半分楽しみにしながら行ってまいります。
  1. URL |
  2. 2014/08/24(日) 09:56:58 |
  3. たーぼ #-
  4. [ 編集 ]

乗り継ぎ不可になりましたか...
私たちはJTBのサイトを通して購入したので、往きのフライトの遅れについては事前にJTBから変更の知らせが来ていました。
ただ帰りのフライトの変更については、前述の通り、往きのフライトのチェックイン時に知らされたのでした。そのときのカウンターの担当者からは事前に電話したのだけれど通じなくて...みたいな話でした。直接アエロフロートで予約していれば直に連絡がきたのかなあと思っていたのですが、そうでもないようですね。
私たちの場合、最終発着:新千歳空港なので、帰りの便が予定より大幅に遅れるという事態は深刻です。カウンターの担当者からはアテネ-モスクワ便を1日早めることも可能(そうすれば帰りの成田-新千歳間は予定通り)とのオプションも提示されましたが、アテネで予約してある宿泊を無駄にしたくないし、少しでもギリシャでの滞在を減らしたくないとの思いから1日伸ばす方を選択してしまいました。しかし、そうすると帰りの成田-新千歳間(スカイマーク)を変更できなければわれわれは帰ることができません。
アテネに着いてからネットで帰りの成田-新千歳便をキャンセル再予約することができ、ことなきを得ましたが、キャンセル料はかかるし、事前に買っておけば安かったチケット代が余計にかかるしで予想外の出費となりました。
アエロフロートはフライト時間も短いし、乗り継ぎ時間も無駄がなく気に入っていたのですが、なかなか一筋縄ではいきませんね。
  1. URL |
  2. 2014/08/24(日) 22:34:33 |
  3. seisson #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

seissonさん、再度の詳細コメントありがとうございます。
別記事に書いたとおり、我々も一日延長、余分な出費発生です。ロストバッゲージもまたまた経験し、アエロフロート航空にはちょっとがっかりといったところです。まあ、これも個人旅行のリスクですね。

  1. URL |
  2. 2014/08/27(水) 12:22:35 |
  3. たーぼ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greebali.blog.fc2.com/tb.php/288-a229d9e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たーぼ

Author:たーぼ
ギリシャとバリが大好きな夫婦 夫(たーぼ)と妻(マー)です。
旅行記を中心に、音楽の話も少しずつ載せていきます。
下のカテゴリーからクリックすると、旅行記としてまとめて読みやすくなります。
コメント、質問はメールフォームからもお気軽にどうぞ。

カテゴリ

ブログ紹介 (1)
2017-08 ギリシャ旅行 (10)
 サモス島 (5)
 レロス島 (3)
 アスティパレア島 (0)
 ナクソス島 (0)
2017-07 ギリシャ旅行 (19)
 ミロス島 (5)
 アロニソス島 (3)
 スコペロス島 (4)
 スキアソス島 (3)
2017-04 バリ旅行 (19)
 ヌサドゥア (3)
 ウブド (10)
 サヌール (3)
2016-10 バリ旅行 (21)
 バリ東部 (6)
 ウブド (8)
 サヌール (3)
2016-08 ギリシャ旅行 (22)
 アンドロス島 (5)
 ティノス島 (5)
 シロス島 (4)
 ナクソス島 (4)
2016-07 ギリシャ旅行 (16)
 クレタ島 (12)
2016-04 バリ旅行 (23)
 チャングー (5)
 ウブド (11)
 サヌール (4)
2015-10 バリ旅行 (20)
 サヌール (4)
 チャンディダサ (4)
 ウブド (8)
2015-08 ギリシャ旅行 (20)
 サモス島 (6)
 パトモス島 (5)
 コス島 (4)
2014-10 バリ旅行 (19)
 ジンバラン (3)
 ウブド (9)
 サヌール (3)
2014-08 ギリシャ旅行 (26)
 セリフォス島 (4)
 シフノス島 (4)
 ミロス島 (7)
 ナクソス島 (4)
2014-07 ギリシャ旅行 (18)
 スキアソス島 (4)
 スコペロス島 (5)
 ミコノス島 (4)
2014-04 バリ旅行 (21)
 サヌール (5)
 ウブド (9)
 ブノア (2)
2014-01 バリ旅行 (15)
 サヌール (4)
 ウブド (7)
2013-08 ギリシャ旅行 (28)
 出発~ナクソス島 (4)
 フォレガンドロス島 (7)
 イオス島 (6)
 サントリーニ島~帰国 (5)
2013-05 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2013-01 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2012-08 ギリシャ旅行 (18)
 概要 (5)
 ロドス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 サントリーニ島 (4)
2012-05 バリ旅行 (7)
2012-01 バリ旅行 (9)
 ウブド (5)
 サヌール (2)
2011-08 ギリシャ旅行 (15)
 レフカダ島 (9)
 ナクソス島 (4)
2010-08 ギリシャ旅行 (14)
 スコペロス島 (7)
 ナクソス島 (2)
 サントリーニ島 (3)
2010-05 バリ旅行 (10)
 ウブド (5)
 サヌール (3)
2009-08 ギリシャ旅行 (17)
 ミラノ (1)
 ミコノス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 パロス島 (5)
2007年以前のギリシャ旅行 (14)
 旅行記録 (1)
 ナクソス島(2007年) (1)
 イカリア島(2006年) (1)
 ケファロニア島(2005年) (1)
 ヒオス島(2004年) (1)
 ミロス島(2003年) (1)
 サモス島(2001年) (1)
 ロドス島、コス島、クレタ島、レスボス島 (3)
 サントリーニ島(2000年以前) (1)
 ミコノス島(1997年~2007年) (3)
2010年以前のバリ旅行 (3)
ギリシャ・バリ全般 (11)
2006年プーケット旅行 (6)
2003年コタキナバル旅行 (9)
その他海外旅行 (2)
旅行の準備 (1)
国内旅行 (42)
散策/飲食 (16)
料理 (3)
音楽 (13)
 フォーク/Jポップ系 (5)
 ロック/ポップス系 (5)
 フュージョン他 (3)
その他 (3)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲスト