ギリシャ、バリに魅せられて

ギリシャとバリの旅行記。音楽の話題も少し。

ワインのコストパフォーマンスを思う

 ビールも日本酒も好きだが、ワインにも長い間慣れ親しんでいる。若い頃は会社の同僚とワインパーティと称して、10本ほどのワインを開けて(ひとり1本以上の換算)、うんちくを語りながら、でも最後の方は味の記憶があいまいになるような楽しみ方をしてきたものだ。今は千円程度のテーブルワインが中心で(箱ワイン含む)、マーに半分ほど飲まれるのを良しとして、ゆったりと味わっている。

 国内旅行の「1万円の宿」でも、ギリシャやバリのホテルでもそうだが、我々が重視するのはコストパフォーマンス。これはほとんど人が同じ感覚だと思うけれども、払ったお金に見合うだけの価値を見いだせるかどうかは、気分的な意味からもとても重要なことだ。ちなみに、cost performanceは和製英語で、正しくはcost effectivenessとか、value for moneyというらしい。

 さて、ワインのコストパフォーマンスだが、そもそもワインのコストにそれほど差があるのかという疑問がある。5万円以上するボルドーの特級ワインと千円のチリワインを比べた時、もちろんボルドーではぶどうの選別とか設備、発酵熟成期間とかで金も手間もかかっているはずだが、かといって製造コストに50倍の差があるかと言えばそんなことはないはずだ。30年前くらいには特級ワインでも1万円程度で買えたはずで、それは内容に見合った妥当な値段だったと思う。今や高級ワインの多くは投機対象も含めて、希少価値(プレミアム)がゆえの値段になってしまった。


 芸能人の格付け番組で、100万円のワインと5千円のワインを見分けられるかという企画はテレビ的には面白いけれども、本当にワインのvalue for moneyを見るのなら(あるいは芸能人の味覚をチェックするなら)、1万円のシャトーワインと2千円のチリワインを比べてほしいなあとか思ってしまう。そして、もし1万円のワインの方がはっきりと美味しいとしても、2千円のワインを5回飲めることに対してそれだけの価値があるかどうかが知りたいところ。

 そんな(貧乏性ゆえの)割り切り方なので、我が家で高級ワインを飲む機会はかなり減ったが、ただ高級ワインには信じられないほど素晴らしい香りと味わいが楽しめる場合があるのもまた事実だ。ボルドーの5大シャトーもひととおり味わったことがあるけれども、僕がこれまでに飲んだワインで圧倒的な印象を感じたのは次の2本。 

・シャトー・ピションラランド1982年

ボルドーの有名2級シャトーで、パーカーが99点を付けたビンテージ。彼のコメントには「誰かを驚かせたかったらこのワインを」とあったが、まさに驚きだった。グラスにいつまでも顔をうずめていたくなるような素晴らしい香り、力強さとうまさを兼ね備えた味わい、そして長く続く余韻。このワインを買って飲んだのは15年ほど前で、6万円という値段だったが(今ならその倍以上?)、この経験は何物にも代えがたいものだった。 

・ルノワ・シャンポールミュズニー1986年

ルノワはブルゴーニュの超高級ワインを出しているところだが、このワインも15年ほど前に1万円で購入した。クラクラっとするような複雑な香り、一口飲んでため息が漏れるような味わい、これもまた衝撃的な経験だった。

 たまにはこうした異次元の魅力を味わいたいと思うけれども、それはやはりある程度の投資をしないと無理な話だ。国内の「1万円の宿」、ギリシャなら「60ユーロの宿」、バリなら「90ドルの宿」を好む我々にとっては、「1500円のワイン」がそれに相当する感じだろうか。日常飲む千円のワインと比べてはっきりと違いがわかり、その価値が実感できるワインを見つけるのが楽しみになっている。

 フランス人女性から聞いた話で、シャンパンのおいしさは値段にかなり比例するけれど、ワインは決してそうではないとのこと。ワインの値段は様々な要素がからみあって決まる上に、個人の好みも様々なので、安くておいしいワインに巡りあえる確率も多々あるはず、だからおもしろい。

 「1万円の宿」と「1500円のワイン」は、我々にとってちょうどConsistentな関係にあるような気がする。しかし、唯一違うのは、宿の方はこれで十分だけれど、ワインの方はたまにはもう少し上のものを飲みたいというところだろうか。(マー)

 



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/02/17(火) 13:05:03|
  2. 散策/飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<定宿リ・カーヴ箱根への一泊旅行 | ホーム | 伊東への一泊旅行(ビーチコミューン・シンプルース)>>

コメント

費用対効果

たーぼさん マーさん こんにちわ。
ワインと宿のコストパフォ―マンスのお話、興味深く読ませていただきました。
私はアルコールに弱く、食べるのが専門です。飲めないのはちょっと寂しいですが、アルコールで盛り上がっている雰囲気は大好きです。ちょっと高価なワインでも、話題が膨らみその場が和めば、費用対効果は高くなりますよね!
逆に、私のように一人旅のバリ島で高価なワインを注文するのは、費用対効果最悪です。ということで、専らスパークリングウォーターを端っこの席で飲みつつ、お食事と人間観察を楽しんでいます。(普通に考えて、暗いですね(笑))
お宿については、費用対効果がかなり気になります。お部屋の良しあしだけでなく、立地とかレストラン、プール、スタッフの質などトータルで分析し、リピートするかどうか判断しているように思います。
バリ島には100ドル未満で魅力的なお宿が多く、ついつい、いろんな所を泊まり歩いてしまいます。でも、ウブドのチェンダナは最強ですね!あの立地で、あの田園ビューは想像もつきません。田園ビューが消えないことを祈るばかりです。
  1. URL |
  2. 2015/02/20(金) 22:47:15 |
  3. さや #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

Re: 費用対効果

さやさん、いつもコメントありがとうございます。いえいえ、さやさんが暗いなんて思ったこともないですよ(笑)。リゾートの旅を愛する素敵な女性に、一度どこかの地でお会いしてみたいものだと願っています。

実は、僕もマーも理系というかエンジニアだったので、どうも数字的に判断してしまう癖があるようです。ワインでもホテルでも、点数はどのくらいになるかとか、それも直感だけではなく説得力があるようにするにはどうしたらいいかとか。。
でも、費用対効果って、誰もが気にしているし、自分なりのやり方で判断しているのですよね。それが納得できた時は、「これは(ここは)当たりだ」とにんまりしてしまうし。

ただ、ワインについて書きたかったことの一つは、普通の尺度ではありえないような素晴らしい経験ができる場合があることですかね。そうした機会に恵まれると、コストパフォーマンスなんて言葉は関係ないと思えますが、まあ人生にそう何度もないことでしょう。
  1. URL |
  2. 2015/02/20(金) 23:12:30 |
  3. たーぼ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greebali.blog.fc2.com/tb.php/339-79c6109f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たーぼ

Author:たーぼ
ギリシャとバリが大好きな夫婦 夫(たーぼ)と妻(マー)です。
旅行記を中心に、音楽の話も少しずつ載せていきます。
下のカテゴリーからクリックすると、旅行記としてまとめて読みやすくなります。
コメント、質問はメールフォームからもお気軽にどうぞ。

カテゴリ

ブログ紹介 (1)
2017-08 ギリシャ旅行 (12)
 サモス島 (5)
 レロス島 (5)
 アスティパレア島 (0)
 ナクソス島 (0)
2017-07 ギリシャ旅行 (19)
 ミロス島 (5)
 アロニソス島 (3)
 スコペロス島 (4)
 スキアソス島 (3)
2017-04 バリ旅行 (19)
 ヌサドゥア (3)
 ウブド (10)
 サヌール (3)
2016-10 バリ旅行 (21)
 バリ東部 (6)
 ウブド (8)
 サヌール (3)
2016-08 ギリシャ旅行 (22)
 アンドロス島 (5)
 ティノス島 (5)
 シロス島 (4)
 ナクソス島 (4)
2016-07 ギリシャ旅行 (16)
 クレタ島 (12)
2016-04 バリ旅行 (23)
 チャングー (5)
 ウブド (11)
 サヌール (4)
2015-10 バリ旅行 (20)
 サヌール (4)
 チャンディダサ (4)
 ウブド (8)
2015-08 ギリシャ旅行 (20)
 サモス島 (6)
 パトモス島 (5)
 コス島 (4)
2014-10 バリ旅行 (19)
 ジンバラン (3)
 ウブド (9)
 サヌール (3)
2014-08 ギリシャ旅行 (26)
 セリフォス島 (4)
 シフノス島 (4)
 ミロス島 (7)
 ナクソス島 (4)
2014-07 ギリシャ旅行 (18)
 スキアソス島 (4)
 スコペロス島 (5)
 ミコノス島 (4)
2014-04 バリ旅行 (21)
 サヌール (5)
 ウブド (9)
 ブノア (2)
2014-01 バリ旅行 (15)
 サヌール (4)
 ウブド (7)
2013-08 ギリシャ旅行 (28)
 出発~ナクソス島 (4)
 フォレガンドロス島 (7)
 イオス島 (6)
 サントリーニ島~帰国 (5)
2013-05 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2013-01 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2012-08 ギリシャ旅行 (18)
 概要 (5)
 ロドス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 サントリーニ島 (4)
2012-05 バリ旅行 (7)
2012-01 バリ旅行 (9)
 ウブド (5)
 サヌール (2)
2011-08 ギリシャ旅行 (15)
 レフカダ島 (9)
 ナクソス島 (4)
2010-08 ギリシャ旅行 (14)
 スコペロス島 (7)
 ナクソス島 (2)
 サントリーニ島 (3)
2010-05 バリ旅行 (10)
 ウブド (5)
 サヌール (3)
2009-08 ギリシャ旅行 (17)
 ミラノ (1)
 ミコノス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 パロス島 (5)
2007年以前のギリシャ旅行 (14)
 旅行記録 (1)
 ナクソス島(2007年) (1)
 イカリア島(2006年) (1)
 ケファロニア島(2005年) (1)
 ヒオス島(2004年) (1)
 ミロス島(2003年) (1)
 サモス島(2001年) (1)
 ロドス島、コス島、クレタ島、レスボス島 (3)
 サントリーニ島(2000年以前) (1)
 ミコノス島(1997年~2007年) (3)
2010年以前のバリ旅行 (3)
ギリシャ・バリ全般 (11)
2006年プーケット旅行 (6)
2003年コタキナバル旅行 (9)
その他海外旅行 (2)
旅行の準備 (1)
国内旅行 (42)
散策/飲食 (16)
料理 (3)
音楽 (13)
 フォーク/Jポップ系 (5)
 ロック/ポップス系 (5)
 フュージョン他 (3)
その他 (3)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲスト