ギリシャ、バリに魅せられて

ギリシャとバリの旅行記。音楽の話題も少し。

岩室温泉ホテル大橋への一泊旅行

 新潟県にある岩室温泉への一泊旅行を楽しんできた。紅葉が始まり旅行にはいい時期だが、帰省に合わせてどこか温泉で一泊ということで選んだのが、新潟市にも近く海の幸が期待できそうな岩室温泉だった。ホテル大橋(正式には「ほてる大橋舘の湯」)はネットでの評判も良かったが、内田康夫の竹村警部シリーズ「北国街道殺人事件」に実名で出てきた宿だったので、一度泊まってみたかったところだった。

 予約はじゃらんネット経由、数多くあるプランの中から、部屋はこだわらず、食事は豪華にということで、

 『島黒豚』と『あわび・本ずわい蟹・のど黒』秋の佐渡づくし特選会席≪訳あり部屋≫

を選んだ。「訳あり部屋」は眺めが期待できない部屋とのことだったが、一泊なら許容範囲。ノドグロを含む海の幸を味わって、ひとり12,637円なら十分お得と、事前の期待は高かった。

 宿は部屋数50室ほどで外観はなかなか立派、ロビーから手入れが行き届いた中庭を見るとそれなりの高級感が漂う。そして、今回は平日(水曜日)で空き室があったせいか、驚いたことに一番良い部屋にグレードアップしてくれた。この部屋だとひとり5千円近く高いはずだから、なんとまあ幸運だったことか。部屋へのこだわりはなかったとはいえ、宿の心配りに感謝した。

岩室温泉 部屋

12.5畳+3畳の和室

部屋からの眺め

部屋からの眺め、岩室富士と紅葉が色づき始めた中庭を望む

 風呂は男女別に内風呂と露天風呂がある。無色透明なお湯はナトリウム・カルシウム塩化物泉で、加温・加水しているとの表記だったが、保温効果が高く「いいお湯だなあ」と実感できる。源泉かけ流しにはあまりこだわらなくてもいいのではと思う。

ホテル大橋 風呂

男子露天風呂(ホテルHPの写真)

 夕食は期待どおりに見事だった。余分な皿がなく、どの料理もプロの技が生かされている感じがする。新潟の地酒もすっきりと美味しく、食べて飲んで幸せを味わう時間が続いた。


夕食 最初のセッティング
秋の佐渡づくし特選会席、最初のセッティング


小鉢三種
秋の小鉢三種


刺身4点
海の幸四種盛、殻つき生ウニがさすがの美味しさ


黒豚しゃぶしゃぶ
佐渡島黒豚のしゃぶしゃぶ



 今回のコースの中での白眉は、やはり佐渡本ずわい蟹とノドグロ塩焼きだろう。ずわい蟹はとにかく、カニみそが最高にうまい。我々の定宿リ・カーヴ箱根を始め、バイキングにずわい蟹を入れているところは多いが、このカニみそのうまさを味わってしまうと、カニの足だけでは物足りなく感じてしまう。ノドグロは言わずと知れた高級魚で、脂の乗りは見事の一言。この魚はどう料理してもうまいそうだが、日本海に来たら是非味わいたい一品だと思う。


ずわい蟹
絶品のカニみそが味わえた佐渡本ずわい蟹


ノドグロ
こちらも思わずうなるうまさ、ノドグロの塩焼き



 締めの食事、松茸と佐渡あわびの釜飯も当然ながら見事な美味しさで、さすがは佐渡づくし特選会席と十分に満足した夕食だった。

朝食はバイキング形式だが、こちらもきちんと料理された品が並ぶ。地元新潟の新米が美味で、満足度が高かった。


朝食 和食
和食主体に取った朝食


朝食 洋食
洋食主体のマーの朝食



 今回は訳あり部屋プランということで荷物持ちや部屋案内といったサービスは無かったが、我々にはもともと不要のもの。一方で館内の無線LAN完備といったサービスはきちんとしていて、ほとんど不満を感じることなく快適な滞在ができた。日本海の美味しい幸を味わうことが主目的なら、ホテル大橋は十分にお勧めできるところだと思う。

 付け加えることはあまりないけれど、平日で比較的空いていたため温泉もゆっくり楽しむことができたこと(朝は女性のお風呂は完全独占状態だった)、夕食のノドグロが絶品で絞めの炊き込みごはんとともに出されたキノコ汁も思いのほかおいしかったこと、そして朝食バイキングがなかなかよかったことが印象的。朝食は、品数は決して多くないもののそれぞれの料理が手をかけて作られていておいしいし、和食中心なのにスクランブルエッグが高級ホテル並みの出来だったことにも驚いた。立地的には特に素晴らしい眺望があるわけでもないのだけれど、ロビー含めて建物全体は落ち着いたよい雰囲気で、庭もすばらしい。部屋の設備や備品も使い勝手よくできており、食事・お風呂とともに、トータルとして満足度の高い宿だと感じた。(マー)


 10月下旬から2週間ちょっとの日程で、バリ旅行に出かけてきます。サヌール、チャンディダサ、ウブドを周ってくる予定です。

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/10/25(日) 08:29:00|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015年10月バリ旅行の日程 | ホーム | 2015年8月ギリシャ旅行のまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greebali.blog.fc2.com/tb.php/368-3639fd78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たーぼ

Author:たーぼ
ギリシャとバリが大好きな夫婦 夫(たーぼ)と妻(マー)です。
旅行記を中心に、音楽の話も少しずつ載せていきます。
下のカテゴリーからクリックすると、旅行記としてまとめて読みやすくなります。
コメント、質問はメールフォームからもお気軽にどうぞ。

カテゴリ

ブログ紹介 (1)
2017-08 ギリシャ旅行 (26)
 サモス島 (5)
 レロス島 (6)
 アスティパレア島 (6)
 ナクソス島 (5)
2017-07 ギリシャ旅行 (19)
 ミロス島 (5)
 アロニソス島 (3)
 スコペロス島 (4)
 スキアソス島 (3)
2017-04 バリ旅行 (19)
 ヌサドゥア (3)
 ウブド (10)
 サヌール (3)
2016-10 バリ旅行 (21)
 バリ東部 (6)
 ウブド (8)
 サヌール (3)
2016-08 ギリシャ旅行 (22)
 アンドロス島 (5)
 ティノス島 (5)
 シロス島 (4)
 ナクソス島 (4)
2016-07 ギリシャ旅行 (16)
 クレタ島 (12)
2016-04 バリ旅行 (23)
 チャングー (5)
 ウブド (11)
 サヌール (4)
2015-10 バリ旅行 (20)
 サヌール (4)
 チャンディダサ (4)
 ウブド (8)
2015-08 ギリシャ旅行 (20)
 サモス島 (6)
 パトモス島 (5)
 コス島 (4)
2014-10 バリ旅行 (19)
 ジンバラン (3)
 ウブド (9)
 サヌール (3)
2014-08 ギリシャ旅行 (26)
 セリフォス島 (4)
 シフノス島 (4)
 ミロス島 (7)
 ナクソス島 (4)
2014-07 ギリシャ旅行 (18)
 スキアソス島 (4)
 スコペロス島 (5)
 ミコノス島 (4)
2014-04 バリ旅行 (21)
 サヌール (5)
 ウブド (9)
 ブノア (2)
2014-01 バリ旅行 (15)
 サヌール (4)
 ウブド (7)
2013-08 ギリシャ旅行 (28)
 出発~ナクソス島 (4)
 フォレガンドロス島 (7)
 イオス島 (6)
 サントリーニ島~帰国 (5)
2013-05 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2013-01 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2012-08 ギリシャ旅行 (18)
 概要 (5)
 ロドス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 サントリーニ島 (4)
2012-05 バリ旅行 (7)
2012-01 バリ旅行 (9)
 ウブド (5)
 サヌール (2)
2011-08 ギリシャ旅行 (15)
 レフカダ島 (9)
 ナクソス島 (4)
2010-08 ギリシャ旅行 (14)
 スコペロス島 (7)
 ナクソス島 (2)
 サントリーニ島 (3)
2010-05 バリ旅行 (10)
 ウブド (5)
 サヌール (3)
2009-08 ギリシャ旅行 (17)
 ミラノ (1)
 ミコノス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 パロス島 (5)
2007年以前のギリシャ旅行 (14)
 旅行記録 (1)
 ナクソス島(2007年) (1)
 イカリア島(2006年) (1)
 ケファロニア島(2005年) (1)
 ヒオス島(2004年) (1)
 ミロス島(2003年) (1)
 サモス島(2001年) (1)
 ロドス島、コス島、クレタ島、レスボス島 (3)
 サントリーニ島(2000年以前) (1)
 ミコノス島(1997年~2007年) (3)
2010年以前のバリ旅行 (3)
ギリシャ・バリ全般 (11)
2006年プーケット旅行 (6)
2003年コタキナバル旅行 (9)
その他海外旅行 (2)
旅行の準備 (1)
国内旅行 (42)
散策/飲食 (16)
料理 (3)
音楽 (13)
 フォーク/Jポップ系 (5)
 ロック/ポップス系 (5)
 フュージョン他 (3)
その他 (4)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲスト