ギリシャ、バリに魅せられて

ギリシャとバリの旅行記。音楽の話題も少し。

熱海森の温泉ホテルへの一泊旅行


 このブログももうすぐ5年目になる。ギリシャとバリの旅行記を中心に書いていくことは変わらないが、できるだけ長く続けていきたいと思うので、今後ともよろしくお願いいたします。

 さて、新年早々に熱海へ一泊旅行に出かけてきたので、今年最初の記事はその紹介をしようと思う。出発は1月5日(火)、暖かな三が日の続きでこの日も晴天だったが、空気がかすんでいて富士山や丹沢の山はうっすらと見える状況だった。

 最初に寄ったのが西湘バイパスにあるサービスエリア(SA)で、ここで朝食兼昼食をとった。このSAは最近いつも寄っていくお気に入りで、この日選んだメニューはカキフライカレー(750円)とエビフライ天丼(670円)。どちらも一級品とまではいかないけれど、値段を考えれば十分に満足できる内容だ。かつては高速道路SAといえば、高い、まずいが常識だったが、民営化後は侮りがたしだと思う。ねぎとろシラス丼やあさりの潮騒ラーメンなど、メニューも豊富でお勧めできる。

 西湘バイパスは生活道路としての役割も大きく、サービスエリアはどちらかというと平日に仕事でこの道路を利用する人たちを対象としており、レストランも食堂的な感じで朝食や昼食を提供している(横浜横須賀道路のサービスエリアと似ている)。最近はツーリストを意識して看板メニューを作ったり、トイレをきれいに改装したりしている。いずれにしても、海を眺めながらしばし休憩できる場所として最高だ。(マー)

カキフライカレー  エビフライ天丼

揚げたてのカキフライカレー、3尾も乗ったエビフライ天丼

 次に立ち寄ったのが熱海にある来宮神社。最近はパワースポットとして人気のようだが、正月とあって近くの学校校庭が無料駐車場になっていた。ここは樹齢2千年以上という大楠(おおぐす)が見ものになっている。

来宮神社

来宮神社のにぎわい

大楠

樹齢2千年以上という大楠

 来宮神社から歩いて15分ほどで行けるのが熱海梅園だ。梅まつりは1月9日から3月6日までとのことだが、暖冬ということもあって花が咲き始めているところもあった。広い庭園は見どころも多く、ゆっくりと1時間は楽しむことができる。この見事な庭園が入場無料というのは素晴らしい(梅まつり期間中は300円、熱海市内宿泊者は100円とのこと)。

 梅は桜と違って、満開のときよりも一つの枝につぼみと開いた花があるのが美しい。梅を見ながら冬晴れ(というより春に近かったけど)の日に園内をゆっくり散歩するのは実に気持ちがよかった。これからの時期週末はそれなりに混雑するだろうから、まさに平日の特権か。(マー)


熱海梅園 入り口
熱海梅園の入り口

熱海梅園 滝

梅見の滝を望む、満開になれば絶景になるかも

 さて、今回選んだ森の温泉ホテルは熱海駅から車で15分ほど、山の上にある。テレビ東京の「厳選いい宿」で一泊二食8500円というスペシャルプランを出していたので、これを利用した。ここはオーナーズマンションと同居しているような造りで、手前側がマンション棟、奥に70室ほどのホテル棟がある。以前は別経営のホテルだったようで、建物は結構古い感じだ。


森の温泉ホテル 外観
山の上にある森の温泉ホテル
手前に見える広いバルコニーの部屋はマンション棟で、奥にホテル棟がある

 部屋は4階の禁煙洋室だったが、36平方メートルと広く、使い勝手はいい。ただ、テレビが小さくてベッドに寝た状態では見にくいのが残念なところ。部屋にはトイレのみでユニットバスがなかったが、そもそも温泉宿で部屋のユニットバスを使う人がいるとは思えないのでこれはいいことだと思う。ネット環境は一階ロビー奥のみで可能だった。

 部屋は広くてベッドも大きく、居心地はよい。バスのない洗面所はむしろゆったりとして使い勝手もよく、備品も必要最低限のものはそろっているのでOK。窓からの景色はマウンテンビューだけれど、視界は広がっているので悪くない。唯一、鍵を2つにするとか、リ・カーヴのように暗証番号付きのキーボックスを設けるなど、1人ずつ別行動ができるような工夫がほしいところ。(マー)


洋室
森の温泉ホテル 洋室


ベランダからの眺め
ベランダからの眺め

 風呂は男女別一か所のみだが、部屋数(70室ほど)のわりに広く、ゆったり感がある。露天風呂からの山の眺めもいい。泉質はナトリウムカルシウム硫酸塩泉で、加温加水さらに循環処理もしているせいかややカルキ臭があったが、ぽかぽかと温まるいい風呂だ。内風呂には超微細気泡のシルク風呂があって、マイナスイオンのリラックス効果が期待できるそうだ。というわけで、特色は少ないけれども温泉風呂としては合格点か。

 大浴場の造りは、シンプルながら露天風呂も含めてなかなかよくできていて、とても気に入った。部屋もそうだけど、全体に設計者のセンスがよいのか。(マー)


露天風呂  シルク風呂
山を望む露天風呂、超微細気泡で白く濁るシルク風呂(いずれもホテルHPの写真)


 夕食はバイキングで、5時半から開始、15分刻みの入場で最終が6時15分とのことだった。我々は夜遅めのスタートでゆっくりするのが好きだが、この日の客数に合わせてのことだから仕方ない。で、バイキングの内容だが、まず良かったのがリ・カーヴ箱根のような小鉢が6品ほどあったこと。ビールやワインのつまみとしてこうした小鉢がまず欲しいところだ。刺身は3種類(マグロ、カンパチ、サーモン)で普通だった。


夕食バイキング1回目
夕食バイキング1回目、奥にある小鉢がうれしい

 洋食・中華の料理はバイキング定番ものが多いが、味はなかなかいい。ステーキコーナーはシェフが焼いてくれるけれども肉質はまあそれなり。ビーフシチューは美味だったが、それ以上に良かったのはブラックカレーか。全体として、メニューは月並みで目玉はないけれども、それなりに満足できる内容になっているのが見事かなと思う。ただ、家族連れも多いためか、7時頃には引き上げる客が多く、ゆっくりとお酒を楽しみながら食べる雰囲気はなかった。


鉄板焼きコーナー
シェフが焼いてくれる鉄板焼ステーキコーナー


夕食バイキング2回目
バイキング2回目、ステーキとビーフシチューを中心に


夕食バイキング3回目
バイキング3回目、一番気に入ったブラックカレーを中心に



 朝食バイキングも定番品が多いが、普通に満足できる内容だった。


朝食バイキング
朝食バイキング

 バイキングの食事は、朝・夕とも種類はそれほど多くないけれど実質的なメニューが揃っている。夕食はお酒のおつまみにちょうどよい小鉢類もけっこうあってうれしかった。中華を初めとするホットミールもなかなかで、カレーは秀逸。カラフェで提供しているカリフォルニアの赤ワインも、値段の割においしくて、ちょっと驚きだった。一番の目玉のステーキは、もう少しがんばってほしいところ。デザートの種類が少ないのは値段が安いことを考えればしかたのないところ。(子供連れの家族にはちょっと物足りないかも。) (マー)



 結論として、森の温泉ホテルは食事、風呂ともに合格点。8500円という値段を考えれば十分お値打ちの宿だと思う。スタッフがみな笑顔で良く働いていたのも好感が持てる。

 今は口コミサイトの評価で宿を選ぶ時代だが、森の温泉ホテルも例えばじゃらんネットで見ると、5点満点で総合4.0(風呂4.0、夕食4.2、サービス4.1)となっている。我々も同様の評価で、大満足とはいかないけれども不満もない、いい温泉旅行ができました、というところだ。ネットでの口コミ評価が大きな影響を及ぼす状況で宿の経営者も大変だと思うが、我々もマイナーとはいえブログをやっている者として、感じたことを正直に、かつ宿への感謝と愛情を忘れずにリポートしていきたいと思う。


 確かに、設定した値段の中でよくがんばっているという印象を受ける。つまり、この値段でこれ以上のものを求めるのは難しいということ。後は、どんな宿を選ぶかという宿泊者側の選択だ。(マー)

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/09(土) 11:28:38|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊豆高原 風曜日への一泊旅行 | ホーム | ホテル聚楽伊東への一泊旅行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greebali.blog.fc2.com/tb.php/391-e72d0042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たーぼ

Author:たーぼ
ギリシャとバリが大好きな夫婦 夫(たーぼ)と妻(マー)です。
旅行記を中心に、音楽の話も少しずつ載せていきます。
下のカテゴリーからクリックすると、旅行記としてまとめて読みやすくなります。
コメント、質問はメールフォームからもお気軽にどうぞ。

カテゴリ

ブログ紹介 (1)
2017-08 ギリシャ旅行 (10)
 サモス島 (5)
 レロス島 (3)
 アスティパレア島 (0)
 ナクソス島 (0)
2017-07 ギリシャ旅行 (19)
 ミロス島 (5)
 アロニソス島 (3)
 スコペロス島 (4)
 スキアソス島 (3)
2017-04 バリ旅行 (19)
 ヌサドゥア (3)
 ウブド (10)
 サヌール (3)
2016-10 バリ旅行 (21)
 バリ東部 (6)
 ウブド (8)
 サヌール (3)
2016-08 ギリシャ旅行 (22)
 アンドロス島 (5)
 ティノス島 (5)
 シロス島 (4)
 ナクソス島 (4)
2016-07 ギリシャ旅行 (16)
 クレタ島 (12)
2016-04 バリ旅行 (23)
 チャングー (5)
 ウブド (11)
 サヌール (4)
2015-10 バリ旅行 (20)
 サヌール (4)
 チャンディダサ (4)
 ウブド (8)
2015-08 ギリシャ旅行 (20)
 サモス島 (6)
 パトモス島 (5)
 コス島 (4)
2014-10 バリ旅行 (19)
 ジンバラン (3)
 ウブド (9)
 サヌール (3)
2014-08 ギリシャ旅行 (26)
 セリフォス島 (4)
 シフノス島 (4)
 ミロス島 (7)
 ナクソス島 (4)
2014-07 ギリシャ旅行 (18)
 スキアソス島 (4)
 スコペロス島 (5)
 ミコノス島 (4)
2014-04 バリ旅行 (21)
 サヌール (5)
 ウブド (9)
 ブノア (2)
2014-01 バリ旅行 (15)
 サヌール (4)
 ウブド (7)
2013-08 ギリシャ旅行 (28)
 出発~ナクソス島 (4)
 フォレガンドロス島 (7)
 イオス島 (6)
 サントリーニ島~帰国 (5)
2013-05 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2013-01 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2012-08 ギリシャ旅行 (18)
 概要 (5)
 ロドス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 サントリーニ島 (4)
2012-05 バリ旅行 (7)
2012-01 バリ旅行 (9)
 ウブド (5)
 サヌール (2)
2011-08 ギリシャ旅行 (15)
 レフカダ島 (9)
 ナクソス島 (4)
2010-08 ギリシャ旅行 (14)
 スコペロス島 (7)
 ナクソス島 (2)
 サントリーニ島 (3)
2010-05 バリ旅行 (10)
 ウブド (5)
 サヌール (3)
2009-08 ギリシャ旅行 (17)
 ミラノ (1)
 ミコノス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 パロス島 (5)
2007年以前のギリシャ旅行 (14)
 旅行記録 (1)
 ナクソス島(2007年) (1)
 イカリア島(2006年) (1)
 ケファロニア島(2005年) (1)
 ヒオス島(2004年) (1)
 ミロス島(2003年) (1)
 サモス島(2001年) (1)
 ロドス島、コス島、クレタ島、レスボス島 (3)
 サントリーニ島(2000年以前) (1)
 ミコノス島(1997年~2007年) (3)
2010年以前のバリ旅行 (3)
ギリシャ・バリ全般 (11)
2006年プーケット旅行 (6)
2003年コタキナバル旅行 (9)
その他海外旅行 (2)
旅行の準備 (1)
国内旅行 (42)
散策/飲食 (16)
料理 (3)
音楽 (13)
 フォーク/Jポップ系 (5)
 ロック/ポップス系 (5)
 フュージョン他 (3)
その他 (3)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲスト