ギリシャ、バリに魅せられて

ギリシャとバリの旅行記。音楽の話題も少し。

伊豆高原 風曜日への一泊旅行


 年明けの熱海に続いて、伊豆高原へ行ってきた。1月18日(月)、この日は低気圧の通過で首都圏でも雪が積もり、交通機関への大きな影響が出た。冬のドライブ旅行は雪の心配があり、特に箱根方面は要注意だが、この日の伊豆地方は雨になったので予定どおり昼前に横浜を出発した。

 さて、今回マーが選んだのは伊豆高原にある風曜日。全4室の小さなペンション風の宿で、ネットでの評判もいいようだ。場所は大室山近くの高台で、宿近くは細い路地になるが、駐車場は広くてアクセスはいい。

風曜日 外観

伊豆高原にある風曜日の外観

 全4室は広さが異なり、それによって料金も変わってくるが、どれも部屋付きの露天風呂がある。我々が選んだのは一番安い部屋で、一階にある1号室(「スペイン」という名前がついている)。洋室8畳はさすがにやや狭いが、落ち着いて過ごせる感じだ。部屋の外にある露天風呂は岩でできており、眺望はないけれどもゆったりと温泉気分を味わえる(泉質はカルシウム・硫酸塩温泉とのこと)。

 宿全体にインテリアはスペイン風でなかなか素敵にできており、特に女性には人気がありそうだ。部屋付の露天風呂は、2人で入れるほどの十分な広さ。好きなときにすぐ入れるのは便利で、やはり普通の宿よりも入る回数が増えることになる。ちなみに、今回泊まった1号室はとても狭いけれど、貸切露天風呂のすぐ近くという利点がある。(マー)

1号室

洋室8畳の1号室

部屋の露天風呂

部屋の外にある専用露天風呂

 一階には宿の貸切露天風呂があり、空いていれば好きな時に利用できる。こちらはアントニオ・ガウディのグエル公園を彷彿とさせるデザインで、二人で十分入れるほどの広さがある。でも、部屋の露天風呂がお気に入りだったのか、ここを利用したのは我々だけだった。なお、ほかの3室は二階にあり、こちらは15~22畳ほどの広さがあって、海を望む眺望も期待できるようだ。

貸切露天風呂

ガウディ風の作り、貸切露天風呂

 この宿は料理の評判が高いが、6時から始まった夕食はその期待を裏切らない見事な内容だった。最初に出されたのが前菜4種盛とガーリックバケット。どれも美味しく、前菜というよりも準主菜といった感じだろうか。

前菜4種

前菜4種盛とガーリックバケット

(左奥からサーモンマリネ、タコのサラダ、バーナ貝の野菜ソース、スペイン産生ハム)

 また、別注で頼んだ伊豆地魚の刺身盛り合わせは良かった。ここの料理はボリューム十分ということだったけれども、魚好きの僕としてはやはり伊豆に来たら刺身も欲しかったので追加したもの。まぐろ、イカ、甘エビといった定番に金目鯛、ヒラメ、アジといった地魚が加わった舟盛はさすがの内容で、これで3,240円ならお値打ち。特にたたきにしたアジが美味だった。

地魚刺身盛り合わせ

伊豆地魚の刺身盛り合わせ(別注)

 続いて、ニンニクのスープが出されたが、これが僕の一番のお気に入りだったかも。オリーブオイルとニンニクで煮込むアヒージョはスペインの代表的な小皿料理だが、このスープもニンニクの香りが素晴らしく、優しい甘さの玉ねぎとともにスプーンが止まらない美味しさだった。

ニンニクのスープ

絶品、ニンニクのスープ

 続いてサーロインステーキのバルサミコソース。これがまだメインでないところがすごい。肉質は普通だったが、ソースは素晴らしかった。

サーロインステーキ

サーロインステーキのバルサミコソース

 次が高原野菜スティック、特選ディップ添え。これが2番目のお気に入りで、とにかく野菜の甘さが際立っていた。ややピリッとしたディップも見事な出来栄え。

野菜スティック

素材の良さに拍手、高原野菜スティック、特選ディップ添え

 ここまででさすがに満腹に近くなっていたが、メインは伊勢海老パエリア。見た目が豪華だけでなく、伊勢海老の旨さがしっかりと染みたパエリアは、さすがここの名物料理だけのことはある。量が多すぎて完食できなかったのがちょっと残念だった。

伊勢海老のパエリア

メインの伊勢海老パエリア

ワッフル

デザートの焼き立てワッフル

 飲物はビールとスペイン産赤ボトルワイン。ワインの選択肢は少ないが、軽めの赤はここの食事内容によく合うし、ボトル3,240円は良心的だと思う。といった具合で、充実した内容の夕食だったが、一つだけ気になったのは料理のタイミングだ。満室のこの日、4組が同時に食事を始めたので、出来立ての料理が順次運ばれてくるのだけれども、飲兵衛の我々にはちょっとせわしない感じだった。もっとも、アルコールを飲まない他のテーブルにはちょうどいいタイミングだったから、これはこうした小さな宿では仕方ないところ。我々だけ最後まで残って、2時間半くらいかけて食事を楽しんだけれども、オーナー夫妻はもちろん嫌な顔一つせず、ゆっくりとくつろげるように気遣ってくれたのがうれしかった。

 夕食は確かにおいしかった。しかし、自宅で地中海料理を中心に作る私としては、特筆すべきものとなると、“さすがプロ”という調理法や味付け、なかなか手に入らない食材、自分では作らないメニューなどになってしまう。そういう点では、最後のワッフルが素晴らしかった。外側がサクッとして中はふんわり、甘さも控えめで、フルーツやアイスクリームとの組み合わせも見事。野菜の盛り合わせも種類が多く、見たことがないものも2,3種類あって、どれもみずみずしくておいしかった。特製ソースは悪くなかったけれど、オリーブオイルと塩だけでシンプルに味わうのもいいかと。(マー)

 朝食は洋食で、これまたボリュームたっぷり。マシンで入れるコーヒーがやや薄味だったことを除けば、十分満足できる内容だった。

朝食

トースト、ソーセージ、スパゲティサラダなどの朝食

ダイニング

スペイン国旗が飾られたダイニング

 風曜日は食事が充実しているし、どの部屋にも露天風呂が付いている。いつでも気が向いたらすぐに温泉に浸かれるのはやはり格別だ。我々の泊まった部屋は8畳と狭かったが、これで10,840円(別注料理除く)はお値打ちだと思う。一年ほど前に泊まった伊東市のシンプルース(詳細はこちら)も良かったけれども、どちらがいいかは個人の好み次第だろう。「1万円の宿」としては比較的大きなバイキング形式のホテルを選ぶことが多い我々だが、たまにはこうした小さな宿もいいと思う。

 風曜日は夫婦が経営する4部屋だけの小さな宿で、一番の売りは料理だ。そのコンセプトは、シンプルースにとてもよく似ていて、シンプルースが創作和食系なのに対して風曜日はスペイン・地中海料理系、唯一違うのは部屋付露天風呂の有無。どちらも家庭的でとても感じのよい宿だし、コストパフォーマンスも悪くない。

 最後に、あくまで私個人の話だけれど、やはり自宅であまり食べられない魚尽くしの創作和食の方が、私にとってはより価値が高いと感じられた。(マー)

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/26(火) 09:28:42|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊東 ホテルラヴィエ川良への一泊旅行 | ホーム | 熱海森の温泉ホテルへの一泊旅行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greebali.blog.fc2.com/tb.php/392-946fd23a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たーぼ

Author:たーぼ
ギリシャとバリが大好きな夫婦 夫(たーぼ)と妻(マー)です。
旅行記を中心に、音楽の話も少しずつ載せていきます。
下のカテゴリーからクリックすると、旅行記としてまとめて読みやすくなります。
コメント、質問はメールフォームからもお気軽にどうぞ。

カテゴリ

ブログ紹介 (1)
2017-08 ギリシャ旅行 (12)
 サモス島 (5)
 レロス島 (5)
 アスティパレア島 (0)
 ナクソス島 (0)
2017-07 ギリシャ旅行 (19)
 ミロス島 (5)
 アロニソス島 (3)
 スコペロス島 (4)
 スキアソス島 (3)
2017-04 バリ旅行 (19)
 ヌサドゥア (3)
 ウブド (10)
 サヌール (3)
2016-10 バリ旅行 (21)
 バリ東部 (6)
 ウブド (8)
 サヌール (3)
2016-08 ギリシャ旅行 (22)
 アンドロス島 (5)
 ティノス島 (5)
 シロス島 (4)
 ナクソス島 (4)
2016-07 ギリシャ旅行 (16)
 クレタ島 (12)
2016-04 バリ旅行 (23)
 チャングー (5)
 ウブド (11)
 サヌール (4)
2015-10 バリ旅行 (20)
 サヌール (4)
 チャンディダサ (4)
 ウブド (8)
2015-08 ギリシャ旅行 (20)
 サモス島 (6)
 パトモス島 (5)
 コス島 (4)
2014-10 バリ旅行 (19)
 ジンバラン (3)
 ウブド (9)
 サヌール (3)
2014-08 ギリシャ旅行 (26)
 セリフォス島 (4)
 シフノス島 (4)
 ミロス島 (7)
 ナクソス島 (4)
2014-07 ギリシャ旅行 (18)
 スキアソス島 (4)
 スコペロス島 (5)
 ミコノス島 (4)
2014-04 バリ旅行 (21)
 サヌール (5)
 ウブド (9)
 ブノア (2)
2014-01 バリ旅行 (15)
 サヌール (4)
 ウブド (7)
2013-08 ギリシャ旅行 (28)
 出発~ナクソス島 (4)
 フォレガンドロス島 (7)
 イオス島 (6)
 サントリーニ島~帰国 (5)
2013-05 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2013-01 バリ旅行 (14)
 出発~ウブド (7)
 サヌール~帰国 (6)
2012-08 ギリシャ旅行 (18)
 概要 (5)
 ロドス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 サントリーニ島 (4)
2012-05 バリ旅行 (7)
2012-01 バリ旅行 (9)
 ウブド (5)
 サヌール (2)
2011-08 ギリシャ旅行 (15)
 レフカダ島 (9)
 ナクソス島 (4)
2010-08 ギリシャ旅行 (14)
 スコペロス島 (7)
 ナクソス島 (2)
 サントリーニ島 (3)
2010-05 バリ旅行 (10)
 ウブド (5)
 サヌール (3)
2009-08 ギリシャ旅行 (17)
 ミラノ (1)
 ミコノス島 (4)
 ナクソス島 (5)
 パロス島 (5)
2007年以前のギリシャ旅行 (14)
 旅行記録 (1)
 ナクソス島(2007年) (1)
 イカリア島(2006年) (1)
 ケファロニア島(2005年) (1)
 ヒオス島(2004年) (1)
 ミロス島(2003年) (1)
 サモス島(2001年) (1)
 ロドス島、コス島、クレタ島、レスボス島 (3)
 サントリーニ島(2000年以前) (1)
 ミコノス島(1997年~2007年) (3)
2010年以前のバリ旅行 (3)
ギリシャ・バリ全般 (11)
2006年プーケット旅行 (6)
2003年コタキナバル旅行 (9)
その他海外旅行 (2)
旅行の準備 (1)
国内旅行 (42)
散策/飲食 (16)
料理 (3)
音楽 (13)
 フォーク/Jポップ系 (5)
 ロック/ポップス系 (5)
 フュージョン他 (3)
その他 (3)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ゲスト